そこのあなた!浅草の通な歴史散策パワースポット


はい。昨日すいません!睡魔に勝てずブログを更新できず….ファンの皆様に会わす顔がありません。一度は、こんな生半可な気持ちなら引退も考えたのですが、9月13日の情熱大陸を、見て頑張ろっと思いました。宇佐美貴史選手ありがとうございます。笑

20150914224902
ってことで…!!!
今日は、浅草にある隠れパワースポットを紹介しまーす。
1.銭塚地蔵尊 ⭐️金運上昇⭐️
f:id:teamtsurunohitokoe:20150914225208j:image
浅草寺を背中にして右斜め後ろにあります。
ある時、山口某(某とは、人や物の名、場所・時などがわからないとき、または、わざと隠すときに添える語。)の妻が庭先で壺を掘り出し開けてみるとたくさんのお金が入ってました。普通ならば、その財宝で楽な暮らしをするのですが….これに頼って働からずにいたらいつか一家は、滅びるということで壺を埋め戻した。この心掛けにより一家は、後に繁栄した。
その壺の上に地蔵様を祀ったのが、はじまりであり名の由来でーす。(^o^)/
このお話は、兵庫県で江戸時代に起きたお話でありこの浅草にある銭塚地蔵は、勧請(分霊)です。兵庫の西宮の方にお寺があります。
2.久米平内堂 ⭐️縁結び⭐️
f:id:teamtsurunohitokoe:20150914231545j:image
浅草寺仲見世の間にあります。
江戸時代前期に久米平内という武士がいまして多くの人をあやめた。戦が少ない時代なので
その供養のため、仁王坐禅の法を修行し、後年、浅草寺内の金剛院に住んで禅に打ちこみ、自らの坐禅の像を刻ませ、お堂に祀った。
臨終にのぞみ犯した罪を償うため、この像を人通りの多い浅草寺境内に埋め多くの人に踏んでもらい、その後、お堂に納めたという。
「踏付ふみつけ」が「文付ふみつけ」に転じ、願文がんもんをお堂に納めると願い事が叶うとされ、江戸中期以降、特に縁結びの神として庶民の信仰を集めた。
「駄洒落からできたパワースポットやん❤️」
3.被官稲荷神社 ⭐️出世.商売繁盛⭐️
f:id:teamtsurunohitokoe:20150915000622p:image
新門辰五郎さんっていう浅草の門番(ボディーガード的な)がいて奥さんが病気でした。
京都に行った先に伏見稲荷神社に寄り奥さんの病気が治るようにとお参りしたところ、見事に治ったみたいで….是非とも側に稲荷神社がほしいということで、浅草に勧請(分霊)致しました。名前が被官ということで名称の由来は不明ですが、被官とは「官を被(こうむ)る」ということから“就職・出世”という意味を含んでいるといわれています。
ハァッ…..ハァッ….ハァッ…!!!
指つる!まじ1日のブランクパネラー!
やっぱ、積み重ねや!筋トレやな!

 

まあとにかく!いってみてちょー!
f:id:teamtsurunohitokoe:20150915000651j:image

そう!あなたです!!今、この人会社で1番落ち込んでますから、是非ともパワーもらってきて!読者の皆様すいませんが、今日のブログは友達へ向けて書いてました。でも、これを頼りにめぐりんするのもいーので役に立てたらと思いマッスル!f:id:teamtsurunohitokoe:20150915000938j:image

 
ってなことでおあとがよろしいので…
 
明日へづづく。

2016 Copyright SUZUKI YUJI